ネイリストと言う職業がもたらす「喜び」



先日いらした80歳のギタリストさんからお手紙が届きました。

メールで送ったのだが、届かなかったので・・と、
わざわざプリントアウトして。


達筆な手書きの宛名書きに、(なんだろう・・・誰かからのクレームかな・・・)と思い、サロンの階段で封をあけました。

そこには「感謝」とうタイトルで、こうつづられていました。

クロサワ楽器で紹介してもらったがとても不安だったこと。

それに入店すると若い(年の差38なので《*≧∀≦》)ようで、さらに不安になった事。

ですが、面談しているうちに信頼感が湧いてきた・・・だから1本と思ってたが、あと2本やった。

帰宅して直ぐギターを弾いたら50年昔の音に戻った。

もう。このくだりで、私は階段で読みながら泣いてました。

そして仕事とはいえ、若くて美しい女性から(個人の感想です(笑))手を握ってもらい至福の極み!感動した、まだ男だったのだ、青春が戻ってきた。

って(#^.^#)


最後に、世の中には沢山の資格があり、どのような資格であっても無駄なものは無いが、そこから又精進せねばその多くは「位負け」といって、以後の努力を怠る者が大半だから今後もしっかり精進していくように・・・とご助言も頂きました。

今の自分にとても響く言葉を頂きました。

初心に返り、その頃の自分の気持ちで、今の自分の生徒さんや、お客様を思い、すたれたネイリストにならないように、いつまでも現役でいたい!っと改めて思いました。

天に向かい感謝。

 


カテゴリー: 高田馬場チヒロネイルの日常   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">